Contents
書籍紹介について
「宅急便」サービスの生みの親であるヤマト運輸元社長 小倉昌男の著書など、関連書籍をご紹介します。
書籍紹介
関連書籍一覧
自ら語る 小倉昌男の経営哲学 自ら語る 小倉昌男の経営哲学
小倉昌男 著
(日経BP社)

「クロネコヤマトの宅急便」を創造した名経営者のメッセージがライブで甦る!業界、行政、郵便……“ニッポンの壁”をどう破るか?戦後最大級のヒット商品「宅急便」の生みの親が、現役経営者としてリアルに語った!1995年「日経ベンチャー経営セミナー」の映像をノーカット90分間収録!!

「なんでだろう」から仕事は始まる! 「なんでだろう」から仕事は始まる!
小倉昌男 著
(講談社)

そもそも、仕事が自分のためになるかどうかは、本人の好き嫌いとは関係がない。嫌いな食べ物でも、食べれば必要な栄養分が摂取できるのと同じことである。では、意に染まない仕事を楽しめるようにするにはどうすればいいか。(中略)つまり仕事を楽しむ道筋はひとつではなく、人の数だけあるということだ。そこに自分ならではの価値を見出すことができれば、どんな仕事もおもしろがることができるはずなのである。
──「好きな仕事」と「意に染まない仕事」より

福祉を変える経営 〜障害者の月給一万円からの脱出〜 福祉を変える経営
〜障害者の月給一万円からの脱出〜

小倉昌男 著
(日経BP社)

知っていますか?障がい者の賃金が月給一万円に満たないことを。
お役所任せじゃ、もうダメだ。障害者も、自分で稼いで社会に出よう!
「クロネコヤマトの宅急便」の生みの親が挑む、ほんとうのノーマライゼーションの道。

やればわかる やればできる 〜クロネコ宅急便が成功したわけ〜 やればわかる やればできる
〜クロネコ宅急便が成功したわけ〜

小倉昌男 著
(講談社)

ビジョンを実現するために、何を考え、何をやるか!宅急便を作った男が発信しつづけた成功へのメッセージ!小倉理事長がヤマト運輸の社長・会長時代、社内報のコラムに連載したものを再編集してでき上がった貴重な本。

はばたけスワンベーカリー はばたけスワンベーカリー
牧野節子 著
(汐文社)

童話作家である著者がスワンベーカリーの各店を訪ねて、その店のなりたちや、そこで働く人々の素顔を生き生きと愛情をこめて描く、スワンベーカリーがよくわかる本。

経営はロマンだ! 私の履歴書 経営はロマンだ! 私の履歴書
小倉昌男 著
(日本経済新聞社)

平成14年1月1日から日本経済新聞「私の履歴書」で連載されたものを新たに編集し一冊にまとめました。
「クロネコヤマトの宅急便」を生み出して日本人の生活スタイルを変え、ヤマト運輸をトップ企業に育て上げた小倉昌男。経営から退いた現在は、私財を投じて障がい者福祉に情熱を燃やす。「官僚と闘う男」の異名をとった硬骨の経営者が、その生きざまと哲学を語る。

小倉昌男の福祉革命 小倉昌男の福祉革命
建野友保 著
(小学館)

“宅急便”を発案し、実行し、ヤマト運輸をトップ企業に押し上げた小倉昌男。会長を退いた後、彼が飛び込んだのは福祉の世界。だが障がい者の給与が「平均1万円に満たない」ことや、それが「仕方がない」で済まされている事を知り、怒り心頭。
福祉の現場の人々を対象にしたセミナーを主催して経営の発想を喚起し、障がい者が働く喜びを知り、真に自立する場として「焼きたてパン屋」チェーンを実践。
第一級の経営者ならではの理論と実力が“小倉流意識革命”ともいうべき形で福祉の形を変えていく。

小倉昌男 経営学 小倉昌男 経営学
小倉昌男 著
(日経BP社)

国と戦い“宅急便”市場を創った男の論理

宅急便で日本の生活を変えたヤマト運輸元社長、小倉昌男。
自ら筆を執り、その経営をケーススタディで書き下ろす。