ヤマト福祉財団 小倉昌男賞の贈呈

障がい者の自立支援などで、「この人をぜひ……」と思われる方を奮ってご推薦くださるようお願いいたします。

当財団では、障がい者の仕事づくりや雇用の創出、拡大、労働条件の改善などを積極的に推し進め、 障がい者に働く喜びと生きがいをもたらしている人の中から毎年2名の方に『ヤマト福祉財団 小倉昌男賞』を贈っています。
あなたの周りに「この人こそは……」と思われる方がおられましたら、ぜひご推薦くださいますようお願いいたします。
なお、前年度において推薦された方も、候補者の対象となりますので、再度ご推薦いただければ幸いです。

賞の対象

日本国内に居住し、就労継続支援A型・B型事業所などの障がい者就労施設、または民間企業の労働現場などにおいて、障がい者に積極的に働く機会を提供するなど次のいずれかに該当する個人を対象とします。

  1. 給与をはじめ労働条件の改善を通じて、働く障がい者の生活向上に大きく貢献している方。
  2. 障がい者に適した仕事や、労働環境づくりを工夫するなど、つねに障がい者の立場を考えて雇用拡大に努力し、著しい実績をあげている方。
  3. 障がい者に熱心に仕事を教え、多くの障がい者をそれぞれ一人前の職業人として育てあげてきた方。
  4. 働く障がい者を手助けしたり、励まして、障がい者が喜びをもって働き続けていくことを可能にしている方。
  5. 働く障がい者の日常生活の良き相談相手となり、それによって多くの障がい者に生きる自信と喜びをもたらしている方。

賞の内容

受賞者には正賞としてこの賞のために製作された雨宮 淳氏(1937年 - 2010年 日本藝術院会員)作ブロンズ像「愛」のほか、副賞として賞金100万円が贈られます。 雨宮 淳氏作 「愛」
雨宮 淳氏作 「愛」

受賞者数

2名以内とします。

募集方法

賞の候補者は、障がい者および障がい者福祉関係者の中から「推薦形式」によって募集します。ただし「他薦」とします。
同じ法人内からの推薦は、自薦扱いとなりますのでご注意ください。

募集期間

候補者の募集期間は、平成28年7月1日から9月15日までとします。

応募方法

応募パンフレットをお問い合わせページにてご請求ください。応募パンフレットと「ヤマト福祉財団 小倉昌男賞候補者推薦書」用紙をお送りします。推薦用紙に所要事項を記入し、郵便で(公財)ヤマト福祉財団宛に送付してください。推薦する方(賞の候補者)は、 推薦用紙1枚につき1名とします。
※候補者の略歴と具体的な実績や業績も一覧表形式にて提出をお願いいたします。

受賞者の選考

  1. 受賞者を選考する機関として「選考委員会」を設置しています。
  2. 選考委員会は、推薦された候補者の中から2名以内の受賞者を選考、決定します。

選考委員

次の各氏が選考委員として選考にあたります。※順不同・敬称略
  • 瀬戸 薫(公益財団法人ヤマト福祉財団 理事長)
  • 今野 由梨(ダイヤル・サービス株式会社 代表取締役社長)
  • 藤井 克徳(きょうされん 専務理事)
  • 森下 明利(ヤマトグループ企業労働組合連合会 会長)
  • 渡辺 修(元 環境事務次官)

受賞者の発表

受賞者は、平成28年10月末に発表します。

賞の贈呈式

平成28年12月9日(金)、東京都千代田区「一般社団法人 日本工業倶楽部」において贈呈式ならびに受賞祝賀会を開催します。

募集パンフレットの請求先・候補者推薦書の送付先・
お問合せ先

公益財団法人ヤマト福祉財団事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-18 ヤマト銀座ビル7階
電話:03-3248-0691  FAX:03-3542-5165
資料ご請求は、お問い合わせページよりお申込みください。